愛知県大府市にある社会福祉法人仁至会 高齢者福祉及び障がい者福祉を合わせた「総合的な社会福祉」をめざしています。

愛知県若年性認知症総合支援センター

認知症介護研究・研修大府センターでは、愛知県の委託を受けて、若年性認知症支援コーディネーターを配置し、若年性認知症のご本人やご家族の支援をワンストップで行う機能を持つ相談窓口として「愛知県若年性認知症総合支援センター」を平成28年10月に開設しました。(パンフレットはこちら

若年性認知症に関する相談

若年性認知症支援コーディネーターは、ご本人やご家族からの若年性認知症に関する困りごとや悩みごとなどの相談に対して、解決に向けた支援をします。
また、勤務先の企業や地域包括支援センター、市町村等からの相談については、医療・福祉・就労等の専門機関と相互に連携し、必要な助言を行います。
なお、来所による相談並びに訪問による相談については、予約制となっていますので、事前にご連絡下さい。
相談専用電話 0562-45-6207
電話相談日時 月~土 10:00~15:00
      (*祝日・年末年始を除く)

若年性認知症とは

認知症は加齢とともに発症しやすくなりますが、65歳未満で発症した場合、「若年性認知症」と言います。仕事・家事・子育てのキーパーソン世代ですから、ご本人だけでなく、ご家族の生活への影響が大きいにもかかわらず、支援は十分とは言えません。
病気のために仕事に支障がでたり、仕事を辞めることになってしまったり、経済的にとても困難な状況になることがあります。また、子どもが成人していない場合には、親の病気が与える心理的影響が大きく、教育、就職、結婚などの人生設計が変わることにもなりかねません。さらには、ご本人や配偶者の親の介護が重なることになれば、介護負担も大きくなります。配偶者が介護をする場合には、配偶者ご自身も仕事を十分にできなくなり、身体的にも精神的にも、また経済的にも大きな負担を強いられることになります。

若年性認知症の方が利用できる制度

介護保険制度・障害者自立支援制度・障害者手帳・障害年金・成年後見制度など、さまざまな制度による社会保障を受けることができます。

本センターに関するお問い合わせ先

認知症介護研究・研修大府センター
〒474-0037 愛知県大府市半月町三丁目294番地
 
0562-44-5551(代表)